vol.47 大門紀子(作家)

さまざまな表現で作品を作り、気づけば50年。神戸の北野と京都の久美浜のギャラリーにパートナーのミィちゃんと行き来し新たな刺激にふれる毎日。

第1回「表現すること 作品を作ること」

北野と久美浜を行き来しながら日常の変化を作品に取り込む。大門さんが創りたかった究極のパーソナルスペース。大門さんにとってのアートとは。

第2回「自由に物事を内に取り込む」

絵の具片手に一人で日本を旅したり、手作りのヨットでレースに出場したり。天職・適職に分けることで50年以上続けることができた絵を描くということ。

Pocket
LINEで送る

RECENT INTERVIEW